御斗帳(読み)みとちょう

  • みとちょう ‥トチャウ
  • 御斗帳・御戸と帳

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 (「み」は接頭語)
① 神仏の厨子(ずし)の中などに垂れる小さな帳(とばり)を尊んでいう語。
※俳諧・詞林金玉集(1679)八「御戸帳か花の錦の車百合〈一和〉」
② 人の体の前をかくす布。腰巻・ふんどしの類。
※滑稽本・続膝栗毛(1810‐22)九「御戸帳(ミトチャウ)のふんどしを」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

オーバーシュート

感染症の爆発的な感染拡大を指す。語源は、「(目標を)通り越す」「(飛行機などが停止位置を)行き過ぎる」という意味の英語の動詞「overshoot」。2019年12月に発生した新型コロナウイルスに関して...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android