御為替組(読み)おかわせぐみ

精選版 日本国語大辞典「御為替組」の解説

おかわせ‐ぐみ おかはせ‥【御為替組】

〘名〙 江戸時代幕府の大坂御金蔵金銀の為替による江戸差し下しを請け負った、御用達商人の団体組織。享保五、六年(一七二〇‐二一)頃から御為替三井組、御為替十人組がとなえられ、のち銀座が加わり、寛保二年(一七四二)御為替上田組が加入した。
御触留‐享保一八年(1733)四月一六日「御買上金入札、是迄十人両替御為替組致来候得共」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

旺文社日本史事典 三訂版「御為替組」の解説

御為替組
おかわせぐみ

江戸幕府公金為替を取り扱った御用商人の団体
為替方・為替方ともいう。1691年に始まり,十人組・三井組・上田組などがあり,御為替三組といわれた。幕末には,幕府の金融機関として広く財政経理に介入するようになった。

出典 旺文社日本史事典 三訂版旺文社日本史事典 三訂版について 情報

デジタル大辞泉「御為替組」の解説

おかわせ‐ぐみ〔おかはせ‐〕【御為替組】

江戸時代、大坂御金蔵の幕府公金を、為替によって江戸に送るのを請け負った商人組織。御為替方。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

クアッド

《「クワッド」とも》多く複合語の形で用い、四つの、四倍の、などの意を表す。「クアッドプレー」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android