コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

御牧赤報 みまき せきほう

1件 の用語解説(御牧赤報の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

御牧赤報 みまき-せきほう

1772-1833 江戸時代後期の儒者。
安永元年生まれ。日向(ひゅうが)(宮崎県)佐土原(さどはら)藩主の島津忠徹(ただゆき)にまねかれ,儒学師範となる。藩内の武道派と赤報を師とする文学派が対立,文政7年(1824)御牧騒動がおきた。8年藩校学習館が創設され,教授となる。天保(てんぽう)4年9月11日死去。62歳。大坂出身。名は篤好(あつよし)。通称は重次郎。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

御牧赤報の関連キーワード噺本島津重豪都築弥厚イサベル[2世]しし座流星群カルリスタ戦争工場法天保の飢饉永楽屋東四郎(初代)ローイ

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone