コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

島津忠徹 しまづ ただゆき

1件 の用語解説(島津忠徹の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

島津忠徹 しまづ-ただゆき

1797-1839 江戸時代後期の大名。
寛政9年8月2日生まれ。島津忠持(ただもち)の長男。文化13年(1816)日向(ひゅうが)(宮崎県)佐土原(さどはら)藩主島津家9代となる。御牧赤報(みまき-せきほう)をまねき,藩校学習館,児童のための郷学所を創設。また楮本銭(ちょほんせん)とよばれる藩札発行などで藩財政の立て直しをはかった。天保(てんぽう)10年5月16日死去。43歳。通称は又四郎

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

島津忠徹の関連キーワード伊東祐丕織田長宇仙石政美谷衛弥土井利以戸田忠禄細川斉樹本多忠知松平頼看三浦峻次

今日のキーワード

平野美宇

卓球選手。2000年4月14日、静岡県生まれ、山梨県育ち。3歳で卓球を開始。07年に小学1年生で全日本選手権大会バンビの部優勝、09年に小学2年生で同大会ジュニアの部初出場を果たし、注目を集めた。13...

続きを読む

コトバンク for iPhone