コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

御疲れ様 オツカレサマ

デジタル大辞泉の解説

おつかれ‐さま【御疲れ様】

[名・形動]相手の労苦をねぎらう意で用いる言葉。また、職場で、先に帰る人へのあいさつにも使う。「ご苦労様」は目上の人から目下の人に使うのに対し、「お疲れ様」は同僚、目上の人に対して使う。
[補説]文化庁が発表した平成17年度「国語に関する世論調査」では、(1)自分より職階が上の人に「お疲れ様(でした)」を使う人が69.2パーセント、「ご苦労様(でした)」を使う人が15.1パーセント。また、(2)自分より職階が下の人に「お疲れ様(でした)」を使う人が53.4パーセント、「ご苦労様(でした)」を使う人が36.1パーセントという結果が出ている。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

おつかれさま【御疲れ様】

( 名 ・形動 )
仕事などの疲れをねぎらうときに使う語。仕事を終えて帰る人に対する挨拶あいさつの言葉としても用いる。 「 -でした」 〔「お疲れさまです(でした)」は同輩や目上の人にも使えるが、「ご苦労様です(でした)」は上位の者から下位の者に対して用いられる〕

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

御疲れ様の関連キーワード世論調査御苦労様文化庁補説目上職階同輩

今日のキーワード

熱にうなされる(間違いやすいことば)

○熱に浮かされる 高熱でうわ言をいう意味の表現は、「熱に浮かされる」が正しい。また、物事の判断がつかなくなるほど熱中することも意味する。音が似ていることから混用され、「浮かされる」が「うなされる」に入...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

御疲れ様の関連情報