御祓箱・御払箱(読み)おはらいばこ

  • おはらいばこ おはらひ‥

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙
① (御祓箱) 中世から近世にかけて、伊勢の御師(おし・おんし)が、毎年地方の檀那(だんな)に配ったお祓のお札や薬種、暦などを入れた箱。
※今川大双紙(15C前)躾式法の事「伊勢の御はらい箱披露する時、主人御請取給ひて、口をあくるまねをして御戴有事也」
② (御払箱) (毎年新しいお札が来て古いお札は不用となるところから「祓(はらい)」を「払(はらい)」にかけた洒落(しゃれ))
(イ) 使用人などが解雇されること。
※黄表紙・啌多雁取帳(1783)「寝御座一枚にておはらひばこの身となりしが」
(ロ) 不用品を捨てること。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

オーバーシュート

感染症の爆発的な感染拡大を指す。語源は、「(目標を)通り越す」「(飛行機などが停止位置を)行き過ぎる」という意味の英語の動詞「overshoot」。2019年12月に発生した新型コロナウイルスに関して...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android