コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

御祓箱/御払い箱 オハライバコ

デジタル大辞泉の解説

おはらい‐ばこ〔おはらひ‐〕【×祓箱/御払い箱】

(御祓箱)中世から近世にかけて、御師(おし)が、毎年諸国の信者に配って歩いた、伊勢神宮厄よけ大麻を納めた小箱。はらえばこ。
(御払い箱)
㋐勤めを辞めさせられること。「会社を―になる」
㋑不用品を捨てること。廃棄。「古くなった机を―にする」
[補説]2は、毎年暮れに1の古いものを捨てて新しいものに取り替えたところから、「お祓」を「お払い」に掛けていう語。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

御祓箱/御払い箱の関連キーワード伊勢暦水銀粉御師補説

今日のキーワード

明鏡止水

《「荘子」徳充符から》曇りのない鏡と静かな水。なんのわだかまりもなく、澄みきって静かな心の状態をいう。「明鏡止水の心境」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android