御簾中(読み)ゴレンチュウ

大辞林 第三版の解説

ごれんじゅう【御簾中】

〔「ごれんちゅう」とも〕
公卿・将軍・大名などの正妻を敬っていう語。 「引取る太刀にて-を害し/大友記」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

ご‐れんちゅう【御簾中】

〘名〙 (「ご」は接頭語。「ごれんぢゅう」とも。常に簾の中にいる人の意)
① 大臣、公卿など貴人の妻の敬称。〔日葡辞書(1603‐04)〕
② 江戸時代、将軍・三家・三卿の妻の敬称。
※財政経済史料‐五・財政・宮禁供費・幣献・宝永二年(1705)三月二三日「御簾中より献上物

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

人望

信頼できる人物として、人々から慕い仰がれること。「人望を集める」「人望を失う」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android