御蔭年(読み)オカゲドシ

大辞林 第三版の解説

おかげどし【御蔭年】

伊勢参宮をすると特別の御利益があると信じられた年。遷宮の翌年。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

おかげ‐どし【御蔭年】

〘名〙 伊勢神宮の御遷宮のあった翌年。この年には神徳に浴することが特に多いというので御蔭参りの者が沢山いた。
雑俳・梅柳(1836)一「おかげ年打たれ次第の相の山」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

特定非常災害

著しく異常かつ激甚な非常災害。死者・行方不明者・負傷者・避難者などの罹災者(りさいしゃ)および住宅の倒壊などの被害が多数発生し、交通やライフラインが広範囲にわたって途絶し、これによって地域全体の日常生...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android