コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

御触 おふれ

世界大百科事典内の御触の言及

【触】より

…江戸時代の幕府制定法の一形式。〈御触〉〈御触書〉〈御触事〉と呼ばれた。幕府の法令は通常,〈御触書〉もしくは〈(たつし)〉の形式で公布され,〈御触書〉は一般にひろく触れ知らせる場合に用いられ,〈達〉は関係官庁または関係者だけに通達するときに用いられた。…

※「御触」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

御触の関連キーワード田畑永代売買禁止令(でんぱたえいたいばいばいきんしれい)触れ書き・触書き御触書寛保集成赤子養育仕法寄せ場・寄場公事方御定書大西豊五郎江戸町名主享保の改革慶安御触書つぶれ百姓御触書集成作間渡世百姓往来浜方記録徳川吉宗渋染一揆南波ゆき教令類纂岡部長修

御触の関連情報