触(れ)書(き)(読み)フレガキ

精選版 日本国語大辞典の解説

ふれ‐がき【触書】

[1] 〘名〙
① ふれ知らせる文書。特に江戸時代幕府藩主などから一般の人々に公布した文書。特定の役人、または関係官庁などにのみ通達された御達(おたっし)に対する語。おふれがき。ふれ。
※禁令考‐前集・第五・巻四七・明暦元年(1655)一一月「川筋河岸端等之儀に付触書」
② 江戸時代、法令、法度のこと。庶民に触れられた法令(狭義の触書)をはじめ、御達、書付など、すべての法令を包含する広義の法令。
御触書天保集成‐御触書取調の趣(1841)「当御代またその事を興し、書集むる御触書は〈略〉五十年のあひたの諸御触事六千六百七通」
③ 江戸時代、紛失物・贓品(ぞうひん)などを捜索するため、その特徴を記して質屋・古着屋など八品商に触れた書付。品触。町触。
※御触書寛保集成‐三六・享保八年(1723)四月「紛失物吟味之節〈略〉触書を以組合之内相廻り、帳面吟味可仕候」
④ 歌舞伎の浄瑠璃触れで、名題や出演者の名を記したもの。
※歌舞伎・小袖曾我薊色縫(十六夜清心)(1859)四立「両人して舞台を探し、上るりの触書を取上て」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の触(れ)書(き)の言及

【江戸時代】より

… 他方では,引きつづく城普請への武士・農民の動員は,島原の乱を経て寛永の飢饉を必然化しており,幕府は農村の安定を中心とした政策を強化した。慶安御触書はその表れである。大名に対しても,それまでの威圧的な方針を緩め,末期(まつご)養子の禁の緩和,殉死の禁および証人制の廃止などを行った。…

【廻状(回状)】より

…近世では,領主や代官が支配下の村々に命令を伝える場合や,村々の日常的な連絡あるいは一揆への参加を呼びかける文書(一揆廻状)に,廻状が使用されたが,ふつう近世で廻状と言えば,前者を指す。多くの場合,一般的法規制にかかわる文書が触書と呼ばれたのに対し,廻状は年貢,夫役の徴収命令や臨時の通達などを主としたが,触書もふつうは廻状形式をとって伝達されるのであり,古文書学上の区別は難しい。廻状を回す村は,十数ヵ村が一組となっており,各村では廻状を受け取ると,名主がその内容を〈御用留〉〈御廻状写帳〉などに写し取り,廻状に時刻を書き込んで次の村に回した。…

※「触(れ)書(き)」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

出入国在留管理庁

政府が2019年4月に発足を予定している法務省の外局。18年12月の出入国管理法改正案成立に伴う外国人労働者の受け入れ拡大に対応するため、同省の内部部局である入国管理局を再編・格上げし、新設することが...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android