コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

慶安御触書 ケイアンノオフレガキ

5件 の用語解説(慶安御触書の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

けいあん‐の‐おふれがき【慶安御触書】

慶安2年(1649)江戸幕府が公布した触れ書き。全32か条と奥書よりなる。年貢の確保をめざし、農民統治のため日常生活をこまかく規制したもの。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

慶安御触書【けいあんおふれがき】

慶安2年(1649年)に江戸幕府が農村を対象に公布した触書。全32条。江戸時代を通じて農民支配の根本原則となった法令であると同時に農民の心得書。公儀法度や代官,名主,組頭ら上級者への服従はもとより,〈酒や茶は買うな,たばこは喫(す)うな〉など消費生活の細部までも規制し,封建制下の身分・階層性を強調。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

けいあんおふれがき【慶安御触書】

1649年(慶安2)2月26日,江戸幕府が公布した〈諸国郷村江被仰出〉という触書を通常〈慶安御触書〉〈慶安の御触書〉といっている。全32ヵ条からなり,幕府の農村法令では最も詳細なもので,農民の日常生活,農業経営,農民の心得などをこまかに規制している。まず第1条では幕法の順守,領主への服従,村役人を親と思えなど,封建制下の身分・階層性を強調している。農業経営の場合,たとえば第10条で肥料についていっているが,この触書の最大の特徴は農民生活への規制である。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

けいあんおふれがき【慶安御触書】

江戸幕府の触書。一巻。1649年(慶安2)、諸国郷村を対象に公布。全三二条からなる農民の心得書で、幕府の農民統治の姿勢を表している。江戸時代中期の作とする説もある。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

慶安御触書
けいあんのおふれがき

1649年(慶安2)2月、幕府が全国の農民あてに公表した触書。正しくは「諸国郷村江被仰出(おおせいださる)」という表記の、全32条からなる令書である。幕府は、おりからの凶作もあって1641年(寛永18)ごろから農政に取り組んできたが、それらの農政法令の集大成でもあった。重点は、農民たちの支配への服従や、生活の仕方、農業生産のあり方についての心構えをさとしたことにあって、教諭書としての性格が強い。「地頭は替(かわ)る者、百姓はその名田(みょうでん)を便りとする者」という文言や、「年貢さへすまし候(そうら)へは、百姓程心易きものはこれなく」などという文言によって知られている。この触書は、こののち、江戸時代を通じて、幕藩領主の農政の原則を示すものとして重要視された。[佐々木潤之介]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の慶安御触書の言及

【近世社会】より

…かつて戦国時代には,相伝の私領たる関係を部分的にも残していたものが,すべて将軍または大名の給与地になったことである。そして大名のなかにも所領は預りものとする意識が生まれ,慶安御触書のなかに〈地頭ハ替もの,百姓ハ末代其所之名田を便とするもの〉との表現をみるにいたる。領主層の知行は,将軍代替りごとに渡される知行状によって,はじめて安泰が確かめられることになった。…

※「慶安御触書」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

慶安御触書の関連キーワードチャールズ木下長嘯子チャールズ愛蘭噶爾丹河合曽良挙白集クロムウェル興聖寺谷時中

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone