御詰(読み)おつめ

精選版 日本国語大辞典「御詰」の解説

お‐つめ【御詰】

〘名〙 (「お」は接頭語)
① その動作をする人を敬って、つめることをいう語。
※有楽門(1907)〈森鴎外〉「少々づつ前の方にお(ツメ)ひます」
茶道で、茶会の末客をいう。亭主をたすけて茶事の円滑な進行をはかり、あと始末をする。お末(まつ)
※落語・波天奈廼茶碗(1890)〈三代目春風亭柳枝〉「金兵衛が〈略〉お詰(ツ)めを働き、お客さまが残らずお帰りに成りました跡で、金兵衛と近衛様と膝組で御座います」
③ 葉茶を製し、茶壺へ詰める茶師をいう。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「御詰」の解説

お‐つめ【御詰】

茶会で、亭主を助けて、正客への茶碗などの取り次ぎ、待ち合い、その他のあと始末に気を配り、茶事を円滑に進める役。末客。詰め。
茶を製した茶師の名。詰め。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

巡視船

海上保安庁に所属し海上の警備と救難業務を行なう船。外洋で行動する大型で航洋性があるものを巡視船といい,港内や湾内などのかぎられた水域で行動する 100総t程度以下の小型のものを巡視艇と呼ぶ。武器として...

巡視船の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android