御詰(読み)おつめ

精選版 日本国語大辞典「御詰」の解説

お‐つめ【御詰】

〘名〙 (「お」は接頭語)
① その動作をする人を敬って、つめることをいう語。
※有楽門(1907)〈森鴎外〉「少々づつ前の方にお詰(ツメ)を願ひます」
② 茶道で、茶会の末客をいう。亭主をたすけて茶事の円滑な進行をはかり、あと始末をする。お末(まつ)
※落語・波天奈廼茶碗(1890)〈三代目春風亭柳枝〉「金兵衛が〈略〉お詰(ツ)めを働き、お客さまが残らずお帰りに成りました跡で、金兵衛と近衛様と膝組で御座います」
③ 葉茶を製し、茶壺へめる茶師をいう。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「御詰」の解説

お‐つめ【御詰】

茶会で、亭主を助けて、正客への茶碗などの取り次ぎ、待ち合い、その他のあと始末に気を配り、茶事を円滑に進める役。末客。詰め。
茶を製した茶師の名。詰め。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

亡命

政治的,思想的,宗教的,人種的,民族的相違などから,迫害などの身の危険を回避するために本国から逃亡し,外国に庇護を求める行為をいう。教会および国家の支配層による弾圧を逃れてアメリカに渡った非国教徒たる...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android