コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

御遊 ギョユウ

大辞林 第三版の解説

ぎょゆう【御遊】

宮中・院中で催された管弦・朗詠の遊び。 「十二人ながら御前に列して-なれば/平治

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の御遊の言及

【管絃】より

…管絃はこの時期に生まれた国風化雅楽を代表する一ジャンルであり,唐楽(とうがく)という中国風のスタイルと楽器編成に基づいている。公家が合奏を楽しむための集いに御遊(ぎよゆう)があったが,管絃はこの御遊を中心に発達したものであり,したがって聴衆にきかせるというよりは,合奏に参加している者同士がお互いに楽しむことを目的としており,演奏のスタイルにもそれが反映している。 楽器編成は,管絃という名称どおり,管楽器と弦(絃)楽器が合奏の多数を占め,これに打楽器も加わる(イラスト)。…

※「御遊」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

御遊の関連キーワード電子制御式4速AT立ち障る・立障る日本料理法大全綾小路敦有曽禰好忠霊山深山藤原季兼曾禰好忠命代はりほっかり円融天皇聞き通ふ差し答へカカリ只拍子一刻み荒れる体源鈔気近し伊勢海