コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

御遊 ギョユウ

2件 の用語解説(御遊の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ぎょ‐ゆう〔‐イウ〕【御遊】

宮中や上皇の御所などで催された管弦の催し。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典内の御遊の言及

【管絃】より

…管絃はこの時期に生まれた国風化雅楽を代表する一ジャンルであり,唐楽(とうがく)という中国風のスタイルと楽器編成に基づいている。公家が合奏を楽しむための集いに御遊(ぎよゆう)があったが,管絃はこの御遊を中心に発達したものであり,したがって聴衆にきかせるというよりは,合奏に参加している者同士がお互いに楽しむことを目的としており,演奏のスタイルにもそれが反映している。 楽器編成は,管絃という名称どおり,管楽器と弦(絃)楽器が合奏の多数を占め,これに打楽器も加わる(イラスト)。…

※「御遊」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

御遊の関連情報