(読み)みささぎ

日本大百科全書(ニッポニカ)「陵」の解説


みささぎ

天皇・皇后など皇族の墓所。古く「みさざき」といった。令(りょう)制では、治部(じぶ)省の被管に諸陵司(のちに寮)が置かれ、陵霊を(まつ)り、陵戸(陵守)を監督した。また例年12月には、諸国より献納する貢(みつき)の初物を山陵に奉るため、勅使(荷前使(のさきのつかい))が派遣された。現在は宮内庁書陵部が管理にあたっている。

[兼築信行]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典「陵」の解説

りょう【陵】

〘名〙
① おか。大きなおか。〔詩経‐小雅・天保〕
② 天皇・太上天皇・皇后・太皇太后・皇太后、およびその身位を贈られた人を葬った所。みささぎ。
※令義解(718)喪葬「凡先皇陵。〈謂。先代以来帝王山陵皆是也。帝王墳墓。如山如陵。〈略〉〉」 〔国語‐斉語〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「陵」の解説

りょう【陵】[漢字項目]

常用漢字] [音]リョウ(呉)(漢) [訓]みささぎ おか
尾根の長い大きな丘。「丘陵
丘の形をした大きな墓。みささぎ。「陵墓古陵御陵山陵
(「りょう」と通用)しのぐ。相手を踏みにじる。「陵駕りょうが陵辱
[名のり]たか

りょう【陵】

大きな丘。
天子の墓。日本では、天皇および三后の墓をいう。山陵。みささぎ。→陵墓
[類語]陵墓御陵山陵墳墓土饅頭墓穴首塚墓地墓所霊園墓場奥津城おくつきみささぎ青山古墳前方後円墳円墳方墳ピラミッドカタコンブ

み‐ささぎ【陵】

《古くは「みさざき」》天皇皇后などの墓所。御陵ごりょう。みはか。
[類語]御陵山陵陵墓墳墓土饅頭墓穴首塚墓地墓所霊園墓場奥津城おくつきりょう青山古墳前方後円墳円墳方墳ピラミッドカタコンブ

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディア「陵」の解説

陵【みささぎ】

皇室典範》に定める天皇,皇后,太皇太后(たいこうたいごう),皇太后の墓所。御陵ともいう。→陵墓

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典内のの言及

【陵墓】より

…君主の墳墓をいう。
【中国】
 文献では《史記》趙世家,粛侯15年(前335)の条に〈寿陵を起こす〉とあるのが初めてで,戦国中期,国君が生前にみずからの墓をつくり,それを〈陵〉と称したことを記す。墓上に土を盛り上げた墳丘墓の出現は春秋末期からで戦国時代に盛行した。…

【墳墓】より

…しかし,墳墓というとき,前者を指す場合と,両者をともに指す場合とがある。また,秦始皇陵,佐保山東陵(さぼやまひがしりよう)(光明皇后陵)というように,天子,皇后の墓を陵(りよう)と呼ぶ。これに対して,王族や貴人の墓は,唐の永泰公主墓,漢の将軍霍去病(かくきよへい)墓,聖徳太子磯長墓(しながのはか)のように,墳丘があっても一般のものと同様,墓と呼ぶ。…

【陵墓】より

…君主の墳墓をいう。
【中国】
 文献では《史記》趙世家,粛侯15年(前335)の条に〈寿陵を起こす〉とあるのが初めてで,戦国中期,国君が生前にみずからの墓をつくり,それを〈陵〉と称したことを記す。墓上に土を盛り上げた墳丘墓の出現は春秋末期からで戦国時代に盛行した。…

※「陵」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

トンガ(国)

太平洋南西部、日付変更線のすぐ西側(南緯約20度・西経約175度)に位置するポリネシア唯一の王国。トンガ海溝に沿って、その西側に南北に連なる諸島をトンガ諸島といい、この諸島をあわせて1970年にトンガ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android