陵墓古墳(読み)りょうぼこふん

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

宮内庁によって陵、墓、陵墓参考地、陪塚(ばいづか)とされている古墳の総称であり、特別の古墳のことではない。陵とは、歴代天皇陵、歴代外天皇陵、皇后陵、太皇大后(たいこうたいごう)陵をいい、墓とは皇子、皇女墓をいう。これらは特定の人物の墳墓とされ、崩年を基準とした式年祭祀(さいし)がある。陵墓参考地とは陵、墓の可能性のある古墳である。これらの古墳に付属するものを陪塚とよんでいる。
 現在、これら陵、墓、陵墓参考地、陪塚とされている古墳の総数は240に及び(奈良、大阪、京都など2府15県に分布する)、宮内庁によって管理されている。このなかには近畿の巨大古墳の9割が含まれているが、研究者、国民が墳丘に立ち入ることができず、研究対象外とされ、古墳研究の進歩を大きく阻んでいる。天皇陵は1890年(明治23)までに決定され、陵墓参考地はそれ以降1940年代までに決定されたが、その比定は、実在したとすれば6世紀前半の人である継体(けいたい)天皇皇后手白香(たしらか)皇后陵に4世紀前半の西殿塚(にしとのづか)古墳(奈良県天理市)をあてるなど矛盾が著しい。[今井 尭]
『原島礼二・今井尭他著『巨大古墳と倭の五王』(1981・青木書店) ▽森浩一著『巨大古墳の世紀』(岩波新書) ▽石部正志・宮川捗「『天皇陵』と考古学」(『岩波講座日本考古学7 現代と考古学』所収、1986・岩波書店)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ソーシャル・ディスタンシング

感染症の予防戦略の一つで、有効な治療薬や予防薬などがない重大な感染症が国や地域に侵入した場合に、人の移動や社会・経済活動に制限を加えて、人同士の接触を減らす取り組みのこと。例えば、学校・保育施設の一時...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

陵墓古墳の関連情報