コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

徳円 とくえん

2件 の用語解説(徳円の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

徳円 とくえん

785-? 平安時代前期の僧。
延暦(えんりゃく)4年生まれ。天台宗。はじめ勤操(ごんぞう)の弟子広円に,のち最澄,義真らにまなび,円澄の法をつぐ。天長2年梵釈寺(ぼんしゃくじ)十禅師,承和(じょうわ)10年(843)伝灯大法師となる。唐(とう)(中国)長安の宗穎(しゅうえい)におくった質問状と,それへの回答を「唐決」にまとめた。下総(しもうさ)猿島郡(茨城県)出身。俗姓は刑部(おさかべ)。法名ははじめ安証。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

徳円

没年:没年不詳(没年不詳)
生年:延暦4(785)
平安前期の天台宗の僧。下総国の人。俗姓刑部氏。10歳で出家し,勤操の弟子の広円から具足戒を受けた。のち最澄の弟子となり,天台教学を学び灌頂を受け,また義真から菩薩大戒を受け,梵釈寺の十禅師に任じられた。下野国で広智から灌頂を受け,円珍に三部三昧耶の戒を授けた。承和11(844)年光定 と共に疑問10条からなる質問状を唐長安の宗頴に送り,その回答と合わせて『唐決』2巻を著した。

(本郷真紹)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

徳円の関連キーワード海雲(1)堪久寿興常済勝猷施暁善謝豊然聞寂吉水神徳

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

徳円の関連情報