コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

徳円 とくえん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

徳円 とくえん

785-? 平安時代前期の僧。
延暦(えんりゃく)4年生まれ。天台宗。はじめ勤操(ごんぞう)の弟子広円に,のち最澄,義真らにまなび,円澄の法をつぐ。天長2年梵釈寺(ぼんしゃくじ)十禅師,承和(じょうわ)10年(843)伝灯大法師となる。唐(とう)(中国)長安の宗穎(しゅうえい)におくった質問状と,それへの回答を「唐決」にまとめた。下総(しもうさ)猿島郡(茨城県)出身。俗姓刑部(おさかべ)。法名ははじめ安証。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

徳円

没年:没年不詳(没年不詳)
生年:延暦4(785)
平安前期の天台宗の僧。下総国の人。俗姓刑部氏。10歳で出家し,勤操の弟子の広円から具足戒を受けた。のち最澄の弟子となり,天台教学を学び灌頂を受け,また義真から菩薩大戒を受け,梵釈寺の十禅師に任じられた。下野国で広智から灌頂を受け,円珍に三部三昧耶の戒を授けた。承和11(844)年光定 と共に疑問10条からなる質問状を唐長安の宗頴に送り,その回答と合わせて『唐決』2巻を著した。

(本郷真紹)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

徳円の関連キーワード徳島県名東郡佐那河内村下東山渓県立自然公園お琴の方(1)佐那河内(村)シュードラカ歓喜おだん佐那河内村舎利礼文夏目成美瑩山紹瑾美保神社西宮神社笹野彫り柳津温泉伎芸天布袋猷憲没年惟首紹瑾

今日のキーワード

偽計業務妨害罪

虚偽の風説を流布し,または偽計を用いて人の業務を妨害する罪 (刑法 233) 。流布とは,犯人自身が公然と文書,口頭で伝達するほか,口伝えに噂として流す行為も含む。偽計とは人を欺罔,誘惑し,あるいは人...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

徳円の関連情報