コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

円澄 えんちょう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

円澄 えんちょう

772-837 平安時代前期の僧。
宝亀(ほうき)3年生まれ。道忠について出家,法鏡行者と称する。延暦(えんりゃく)17年最澄の弟子となり,円澄と改名。のち天台の奥義をさずけられ,天長10年天台座主。寂光院,西塔院をたてた。承和(じょうわ)4年10月26日死去。66歳。武蔵(むさし)埼玉出身。俗姓壬生諡号(しごう)は寂光大師。著作に「通達仏願海門」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

円澄の関連キーワード延暦寺のおもな堂塔空海/弘法伝説大宅賀是麻呂道忠(1)中臣鎌足大名麻呂藤原鎌足伊勢神宮天台宗延暦寺釈迦堂源空円仁行基恵亮宝亀延最徳円仁忠私度

今日のキーワード

フィンテック

IT(情報技術)を駆使した金融サービスの創出のこと。「金融(Financial)」と「技術(Technology)」を組み合わせた米国発の造語で、2008年のリーマンショック以降発展したとされている。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android