コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

藤原種継 ふじわらのたねつぐ

7件 の用語解説(藤原種継の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

藤原種継
ふじわらのたねつぐ

[生]天平9(737).奈良
[没]延暦4(785).9.24. 京都
奈良時代末期の廷臣。宇合の孫。清成の子。母は秦朝元の娘。天平神護2 (766) 年従五位下,美作守,伊予守,山背守,左京大夫を経て,延暦1 (782) 年参議,正四位下,桓武天皇の信任を得て権勢をふるい,同3年中納言

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ふじわら‐の‐たねつぐ〔ふぢはら‐〕【藤原種継】

[737~785]奈良後期の公卿。宇合(うまかい)の孫。桓武天皇の信任厚く長岡京造宮使となったが、皇太子早良親王と不和になり、造宮の視察中に暗殺された。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

藤原種継【ふじわらのたねつぐ】

奈良末期の官人。藤原宇合(うまかい)の孫。桓武天皇の信任厚く,長岡京造営の中心人物で,造営途中の長岡京で暗殺された。首謀者は事件直前に死亡した大伴家持を中心とした大伴・佐伯両氏。
→関連項目早良親王平城天皇

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

藤原種継 ふじわらの-たねつぐ

737-785 奈良時代の公卿(くぎょう)。
天平(てんぴょう)9年生まれ。式家藤原清成の子。母は秦朝元(はたの-ちょうげん)の娘。桓武(かんむ)天皇に信任され,延暦(えんりゃく)元年参議。2年式部卿をかね,3年中納言となり正三位にすすむ。長岡京遷都を主導し,造長岡宮使として工事を推進。反対派の大伴継人(つぐひと)らに,延暦4年9月24日暗殺された。49歳。贈正一位左大臣,のち贈太政大臣

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典 第2版の解説

ふじわらのたねつぐ【藤原種継】

737‐785(天平9‐延暦4)
奈良末期の官人。式家藤原宇合(うまかい)の孫で,父は浄(清)成,母は秦朝元の娘ともいわれる。766年(天平神護2)従五位下となり,美作,紀伊,山背の国守や近衛少将を歴任したが,とくに光仁朝末期から位階も急速に昇進し,782年(延暦1)には参議,翌年従三位式部卿兼近江按察使(あぜち),さらに784年中納言となり,ついで藤原小黒麻呂とともに遷都のために山背国乙訓(おとくに)郡長岡村の地を視察し,造長岡京使に任ぜられるなど長岡京造営の中心人物となり,遷都後の12月には正三位に叙された。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

ふじわらのたねつぐ【藤原種継】

737~785) 奈良末期の廷臣。桓武天皇の信任厚く、皇太子早良親王と対立。784年造長岡宮使として遷都に着手したが、翌年暗殺された。これを機に平安京遷都が計画された。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

藤原種継
ふじわらのたねつぐ
(737―785)

奈良時代末期から平安時代初期の政治家。式家藤原宇合(うまかい)の孫。仲成(なかなり)、薬子(くすこ)らの父。光仁(こうにん)天皇や桓武(かんむ)天皇の即位には、叔父百川(ももかわ)らの尽力が大きく、そのため彼は桓武天皇に重用されることになった。天皇は平常の実務は種継と、同母弟である早良(さわら)皇太子に委任した。長岡造宮のことが進むにつれて、皇太子と種継の仲はしだいに悪くなった。種継が文官人事の総元締めの式部卿(しきぶきょう)であり、造宮使長官として敏腕家であり、努力家でもあったので、人々の信望が皇太子よりも種継に集中したからとみられる。785年(延暦4)9月、春宮坊(とうぐうぼう)の役人や大伴(おおとも)氏の陰謀により造宮現場で射られ翌日死没。[中山修一]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の藤原種継の言及

【早良親王】より

…781年(天応1)に兄山部親王が桓武天皇として即位するにともない,皇太子となる。これは光仁天皇の意図によるものともいわれ,また時の権勢家藤原種継と対立していたとも伝えられている。785年(延暦4)9月に種継暗殺事件がおこると,犯人として捕らえられた大伴継人,佐伯高成らが,大伴家持のことばとして,種継を除く計画を早良親王にはかって計画し,実行したと自白したため,内裏から東宮にもどったところを捕らえられ,乙訓寺に幽閉された。…

【藤原氏】より

…日本の代表的な貴族。大化改新後の天智朝に中臣氏から出て,奈良時代には朝廷で最も有力な氏となり,平安時代に入るとそのなかの北家(ほくけ)が摂政や関白を独占し歴代天皇の外戚となって,平安時代の中期は藤原時代ともよばれるほどに繁栄した。鎌倉時代からはそれが近衛(このえ)家二条家一条家九条家鷹司(たかつかさ)家の五摂家に分かれたが,以後も近代初頭に至るまで,数多くの支流を含む一族全体が朝廷では圧倒的な地位を維持し続けた。…

※「藤原種継」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

藤原種継の関連キーワード式家藤原宇合藤氏の四家紀雑物常陸娘子藤原清成藤原末茂藤原鷹取藤原綱手文馬養

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone