徳利子(読み)とくりご

精選版 日本国語大辞典「徳利子」の解説

とくり‐ご【徳利子】

〘名〙 手足または目・鼻・耳などのない子。とっくりこ。
※浮世草子・西鶴織留(1694)一「道頓堀にて見せ物にせし徳利(トクリ)子の万太良は、其人の子にて、世に恥をさらし」

とっくり‐こ【徳利子】

咄本・軽口御前男(1703)二「又兵衛の内義は大酒呑じゃが、さかづきなしに引かたぶけ呑れたれば、徳利子(トックリゴ)を生れた」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

きらきらネーム

俗に、一般的・伝統的でない漢字の読み方や、人名には合わない単語を用いた、一風変わった名前のこと。名字についてはいわない。どきゅんネーム。[補説]名前に使用する漢字は、戸籍法により常用漢字・人名用漢字の...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android