徳大寺公俊(読み)とくだいじ きんとし

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

徳大寺公俊 とくだいじ-きんとし

1371-1428 南北朝-室町時代の公卿(くぎょう)。
応安4=建徳2年1月7日生まれ。徳大寺実時の子。参議,権(ごんの)大納言などをへて,応永25年(1418)右大臣,26年従一位,左大臣,27年太政大臣にすすみ,同年出家。正長(しょうちょう)元年6月6/19日死去。58歳。法名は常俊。号は後野宮。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

367日誕生日大事典の解説

徳大寺公俊 (とくだいじきんとし)

生年月日:1371年1月7日
南北朝時代;室町時代の公卿
1428年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

配偶者

夫婦の一方からみた他方。配偶者としての身分は、婚姻によって取得し、婚姻の解消によって失う。親族ではあるが、親等はない。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android