徳大寺公俊(読み)とくだいじ きんとし

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

徳大寺公俊 とくだいじ-きんとし

1371-1428 南北朝-室町時代の公卿(くぎょう)。
応安4=建徳2年1月7日生まれ。徳大寺実時の子。参議,権(ごんの)大納言などをへて,応永25年(1418)右大臣,26年従一位,左大臣,27年太政大臣にすすみ,同年出家。正長(しょうちょう)元年6月6/19日死去。58歳。法名は常俊。号は後野宮。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

367日誕生日大事典の解説

徳大寺公俊 (とくだいじきんとし)

生年月日:1371年1月7日
南北朝時代;室町時代の公卿
1428年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

MBO

マネジメント・バイアウトは、経営陣による株式の買い取りであり、(1)過半数の株式取得によって経営権を手に入れることで敵対的買収に対抗するものと、(2)経営権を獲得し、株式非公開化をすることで敵対的買収...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android