コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

野宮 ののみや

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

野宮
ののみや

能の曲名。本三番目物の一つ。各流現行。金春禅竹作ともいう。旅僧 (ワキ) が嵯峨野の野宮の旧跡を訪れ,一人の女 (前シテ) と会う。女は光源氏がこの野宮に六条御息所を訪問したことなどを語り,鳥居の陰に消える (中入) 。夜になり,弔いをする僧の前に車に乗った御息所の幽霊 (後シテ) が現れ,車争いのことなどを語り,昔を回想して舞を舞う (序の舞) 。小書 (こがき) に「合掌留」 (観世宝生金剛喜多) ,「火宅留」 (観世,金春,金剛) ,「車出」 (宝生,金剛,喜多) ,「甲之掛」 (金剛) ,「破之舞之伝」「留之伝」 (金春) がある。『源氏物語賢木,葵巻による。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

の‐の‐みや【野宮】

皇女や女王が斎宮斎院になるとき、潔斎のため1年間こもった仮の宮殿。斎宮のものは嵯峨、斎院のものは紫野に設けた。

ののみや【野宮】[謡曲]

謡曲。三番目物源氏物語に取材。六条御息所(ろくじょうのみやすどころ)の霊が現れ、葵(あおい)の上光源氏の愛を奪われた悲しい思い出を語り、舞をまう。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

野宮【ののみや】

能の曲目。鬘物(かつらもの)。五流現行。世阿弥作か。秋の夜,六条の御息所(みやすどころ)の霊魂が嵯峨野の野宮の旧跡に現れ,光源氏との恋の喜びや悲しみを回想する。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

野宮 のみや

?-? 室町-戦国時代の画家。
南宋(なんそう)(中国)の画僧牧谿(もつけい),周文画法をまなぶ。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

ののみや【野宮】

伊勢の斎宮(さいぐう),賀茂の斎院(さいいん)に移る前に斎王が潔斎のために入る所。伊勢の斎宮の場合は京で3年潔斎するが,卜定(ぼくじよう)されるとまず宮城内の初斎院,次いで野宮に約1年ずつ入り,その後伊勢に向かった。《延喜式》によれば,野宮は斎王ごとに宮城外の浄野を卜定するとあり,一定していなかった。しかし嵯峨野や西院に設けられることが多く,両所に野々宮神社として残っている。賀茂の斎院の場合は,初斎院で3年潔斎ののち,3年目の4月に紫野(むらさきの)などに設けられた,野宮の斎院に入り,その年の賀茂祭の祭事に供奉した。

ののみや【野宮】

能の曲名。三番目物。鬘物(かつらもの)。作者は不明。シテは六条御息所(ろくじようのみやすどころ)の霊。旅の僧(ワキ)が京都嵯峨野の野宮の旧跡を訪れると,若い女(前ジテ)が来かかり,この野宮は,昔,六条御息所が伊勢の斎宮(さいぐう)となった息女とともに籠った所だと話して聞かせる。御息所は,皇太子妃としてときめいた女性だったが,夫に死別し,その後に愛を得た光源氏からも見捨てられて,昔に変わる寂しい身の上となり,涙ながらに伊勢へ赴いたのだという(〈クセ〉)。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

ののみや【野宮】

能の一。鬘物かずらもの。嵯峨野の宮の旧跡を訪れた旅僧の前へ六条御息所の霊が現れ、賀茂の祭に葵の上と車争いをして敗れたことを語り、源氏の君と契った昔を回想して語り舞う。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の野宮の言及

【斎院】より

…卜定によって斎院となった女性は宮城内に設けられた初斎院での3年間の潔斎を経て斎院(場所としての)に移る。その場所は一条大路の北方,紫野に所在したため紫野斎院とか略して紫野院と呼ばれ,単に野宮(ののみや)とも称した。今日の京都市上京区の七野(ななの)神社がその跡という。…

【斎宮】より

…その起源は記紀の伝承に始まるが,制度的な確立は7世紀後半の天武朝のころとされる。斎王は未婚の内親王,あるいは女王のなかから占で定められ,平安朝では雅楽寮,宮内省,主殿寮など宮内の便宜的な場所を初斎院として沐浴斎戒に入り,翌年8月には宮外に新造された野宮(ののみや)に移り,潔斎を重ねる。野宮は洛西に置かれたようで,《源氏物語》賢木巻の舞台ともなる。…

※「野宮」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

野宮の関連キーワード教育刷新委員会小野宮年中行事九条年中行事掲子内親王漫画リアル土御門泰福功子内親王花山院定逸野路井孝治徳大寺公清滋野井公澄道仁法親王徳大寺公継戦国時代立越える惟喬親王安藤為章内蔵有永友枝昭世野宮定功

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

野宮の関連情報