コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

徳川光貞 とくがわ みつさだ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

徳川光貞 とくがわ-みつさだ

1627*-1705 江戸時代前期の大名。
寛永3年12月11日生まれ。徳川頼宣(よりのぶ)の長男。寛文7年紀伊(きい)和歌山藩主徳川家2代となる。元禄(げんろく)3年従二位,権(ごんの)大納言。狩野探幽(かのう-たんゆう)に絵をまなんだ。宝永2年8月8日死去。80歳。追贈従一位。号は対山。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

367日誕生日大事典の解説

徳川光貞 (とくがわみつさだ)

生年月日:1626年12月11日
江戸時代前期;中期の大名
1705年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

徳川光貞の関連キーワード渋谷三郎右衛門宇治田雲庵那波木庵徳川頼職円通道成生年月日徳川綱教照子女王徳川吉宗浄円院

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android