徳川吉子(読み)とくがわ よしこ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

徳川吉子 とくがわ-よしこ

1804-1893 江戸後期-明治時代,徳川斉昭(なりあき)の妻。
文化元年9月25日生まれ。織仁(おりひと)親王の王女天保(てんぽう)2年常陸(ひたち)水戸藩主の斉昭と結婚。8年七郎麿(のちの徳川慶喜(よしのぶ))を生む。歌や書にすぐれ家集「好文詠藻」がある。斉昭の死後は貞芳院と称した。明治26年1月27日死去。90歳。京都出身。幼称は登美宮。(おくりな)は文明夫人。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ミュージックの日

3月19日。1991年、日本音楽家ユニオンが制定。音楽家・ミュージシャンの現状の理解を求め、改善に向けてのPRイベントを行う。日付は「319(ミュージック)」の語呂合わせから。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android