徳川斉脩(読み)とくがわ なりのぶ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

徳川斉脩 とくがわ-なりのぶ

1797-1829 江戸時代後期の大名。
寛政9年3月16日生まれ。徳川治紀(はるとし)の長男。文化13年常陸(ひたち)水戸藩主徳川家8代となる。学問をこのみ,書画・茶道をよくした。妻は11代将軍徳川家斉(いえなり)の8女,峰姫。文政12年10月4日死去。33歳。著作に「鼎山詩稿」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

キャッシュレス決済

キャッシュレス決済とは、財やサービスの対価の支払い手段として、物理的なキャッシュ(現金)である紙幣や硬貨ではなく、クレジットカードや電子マネーなどによる電子的な決済手段を用いることをいう。このキャッシ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android