コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

南葵文庫 ナンキブンコ

デジタル大辞泉の解説

なんき‐ぶんこ【南葵文庫】

東京都港区にあった図書館。明治35年(1902)旧紀州藩主徳川頼倫(とくがわよりみち)が自邸に設立、明治41年(1908)一般に公開された。その蔵書は現在は東京大学図書館が所蔵。旧藩領地の南紀と家紋の葵から命名されたもの。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

南葵文庫【なんきぶんこ】

1902年,旧紀州藩主徳川頼倫(よりみち)が東京麻布の自邸内に創設した文庫。旧紀州藩文庫の伝残存資料に新しく頼倫の集めたものを加え,その数約10万冊に及んだ。関東大震災後,東京大学に寄贈

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

デジタル大辞泉プラスの解説

南葵文庫

1899年、紀州徳川家の頼倫(よりみち)によって東京麻布に作られた私設図書館。日本で最初の西洋式図書館。建物は現在は熱海に移設され、星野グループが経営するオーベルジュヴィラ・デル・ソル」になっている。

出典|小学館デジタル大辞泉プラスについて | 情報

大辞林 第三版の解説

なんきぶんこ【南葵文庫】

旧紀州侯、徳川頼倫よりみちが現在の東京都港区麻布に設立した図書館。1908年(明治41)公開。震災後、その蔵書の大部分は東京大学図書館に寄贈。旧領の南紀と家紋の葵あおいにちなむ命名。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

南葵文庫
なんきぶんこ

旧紀州藩主徳川家の文庫で、その名称は旧領地の南紀と家紋の葵(あおい)からつけられた。1902年(明治35)4月、東京都麻布(あざぶ)区(現港区)飯倉(いいくら)町六丁目14番地で約100坪の二階建物と20坪の二階書庫から始まり、その後、書籍が増加し、35坪三階の書庫と210余坪の新館を増設した。蔵書は、徳川家旧来の書籍約2万冊とその後の購入・寄贈を含めて約5万冊、ほかに寄託書があった。08年10月『南葵文庫蔵書目録』が出版された(984ページ)。現在は、東京大学図書館に寄贈されている。[安藤精一]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の南葵文庫の言及

【図書館】より

…また家康は林羅山に命じて駿府(すんぷ)城内に文庫をつくらせた(駿河文庫)。のちにこの蔵書は3分されて尾張の蓬左(ほうさ)文庫,水戸の彰考館文庫,紀州の南葵(なんき)文庫となる。なお家康は江戸城内にも,1602年(慶長7),富士見亭文庫なるものをつくらせているが,のち場所を移して紅葉山(もみじやま)文庫となった。…

※「南葵文庫」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

南葵文庫の関連キーワード徳川 頼倫喜多村 進戸川 残花深井 史郎戸川残花大部分

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android