コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

徳川家達 とくがわ いえさと

8件 の用語解説(徳川家達の意味・用語解説を検索)

美術人名辞典の解説

徳川家達

政治家・公爵。徳川(田安)慶頼の三男。幼名は亀之助、号は静岳。慶喜隠退に伴い徳川宗家を継ぐ。版籍奉還により静岡藩知事・貴族院議長・ワシントン軍縮会議全権委員・日赤社長をはじめ各種団体の名誉職に推される。昭和15年(1940)歿、77才。

出典|(株)思文閣
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

とくがわ‐いえさと〔トクがはいへさと〕【徳川家達】

[1863~1940]政治家。田安慶頼の三男。幼名、亀之助。明治元年(1868)徳川宗家を相続。同23年、貴族院議員となり、以後、貴族院議長・日本赤十字社社長などを歴任、ワシントン軍縮会議全権委員も務めた。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

徳川家達 とくがわ-いえさと

1863-1940 明治-昭和時代前期の華族,政治家。
文久3年7月11日生まれ。田安慶頼(よしより)の3男。元治(げんじ)2年三卿(さんきょう)の田安家の7代となる。慶応4年徳川慶喜(よしのぶ)の跡をついで徳川宗家16代となり,駿河(するが)(静岡県)府中藩主。70万石。明治17年公爵。23年貴族院議員となり,36年から30年間にわたり貴族院議長。大正10年ワシントン会議全権委員。日本赤十字社社長,日米協会会長などを歴任。昭和15年6月5日死去。78歳。幼名は亀之助。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

徳川家達

没年:昭和15.6.5(1940)
生年:文久3.7.11(1863.8.24)
明治大正期の政治家。江戸出身。御三卿のひとつ田安家の出。号は静岳。明治1(1868)年,徳川慶喜の謹慎,水戸退去にともない徳川宗家を継ぐ。2年静岡藩知事。10年より5年にわたって英国に留学。17年公爵。23年貴族院議員。36年,近衛篤麿のあとをうけて第4代貴族院議長に就任,以後昭和8(1933)年に辞任するまで,ほぼ30年間同職にあった。この間,華族会館館長,恩賜財団済生会会長,明治神宮奉賛会会長などに就任。大正3(1914)年4月,山本内閣倒壊を受けて組閣の大命が降ったが,拝辞している。相撲通としても有名であった。

(西尾林太郎)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

とくがわいえさと【徳川家達】

1863‐1940(文久3‐昭和15)
徳川家第16代当主,政治家。田安慶頼の三男。明治維新後,徳川宗家を相続,1869年(明治2)版籍奉還により静岡藩知事となる。廃藩置県後,77年イギリスに留学,82年帰国し,84年公爵となる。90年議会開設とともに貴族院議員となり,1903年から33年まで議長を務める。その間,14年山本権兵衛内閣辞職の際,組閣の内命があったが固辞。日本赤十字社社長,済生会会長など数多くの名誉職に就き,ワシントン会議にも全権委員の一人として列席した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

とくがわいえさと【徳川家達】

1863~1940) 政治家。田安慶頼の三男。幼名亀之助。明治維新後、徳川宗家一六代を継ぐ。1890年(明治23)以後貴族院議員、同議長を歴任。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

徳川家達
とくがわいえさと

[生]文久3(1863).7.11. 江戸
[没]1940.6.5. 東京
徳川将軍家の 16代当主,静岡藩主,政治家。田安慶頼の三男。母は高木氏。幼名は亀之助。 15代将軍徳川慶喜が明治1 (1868) 年隠退謹慎したのち,田安家から入って徳川宗家を相続。世間では,「十六代様」と呼ばれた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

徳川家達
とくがわいえさと
(1863―1940)

旧徳川将軍家第16代当主、政治家。初め亀之助(かめのすけ)と称す。田安(たやす)家(徳川慶頼(よしより))の三男として生まれ、1865年(慶応1)家を継いだ。1868年(慶応4)前将軍慶喜(よしのぶ)が死一等を免ぜられたのち、新政府から徳川宗家(そうけ)の相続を命ぜられ、家達と改名、5月に駿河(するが)・遠江(とおとうみ)(静岡県)・三河(愛知県)70万石に転じ、翌年、版籍奉還により静岡藩知事となった。1877年(明治10)から1882年までイギリス留学、1884年公爵となり、1890年貴族院議員、1903年(明治36)同議長につき以後30年間同職にあった。その間、1914年(大正3)には、組閣の内命があったが辞退した。日本赤十字社社長、済生会会長などの名誉職に任じ、ワシントン軍縮会議の全権委員も務めた。[井上勝生]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の徳川家達の言及

【江戸開城】より

…4月4日,勅使橋本実梁(さねやな)と柳原前光が入城して朝旨を伝え,4月11日,江戸城は開城し,21日,大総督宮,各先鋒総督および参謀が入城し,接収を完了した。徳川家は,田安亀之助(徳川家達(いえさと))が相続,駿河70万石に移封され,慶喜も同地へ移った。7月17日,天皇の詔書により江戸は東京と改称され,10月,江戸城も東京城と改められた。…

※「徳川家達」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

徳川家達の関連キーワード畠山常操関直彦御三卿田安秋乕太郎網野延平有田貞勝大島久満次香川悦次芳野世経

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

徳川家達の関連情報