コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

徳日 トクニチ

大辞林 第三版の解説

とくにち【徳日】

衰日すいにちの忌み詞。陰陽家おんようかで、万事に忌みつつしむべしとする日。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の徳日の言及

【衰日】より

…陰陽道でその人の生れ年の十二支によって忌み慎むべしとされる凶日。衰の字を忌んで徳日(とくにち)ともいい,また劣日などとも別称する。生年衰日と行年衰日の2種があり,前者は子・午生れの人は丑・未の日,丑・未生れの人は子・午の日,寅・申生れの人は巳・亥の日,巳・亥生れの人は寅・申の日,卯・酉生れの人は辰・戌の日,辰・戌生れの人は卯・酉の日とする。…

※「徳日」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

徳日の関連キーワード四万六千日ほおずき市安斗智徳馬鳴月徳衰日

徳日の関連情報