コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

九日 ココヌカ

デジタル大辞泉の解説

ここぬ‐か【九日】

ここのか」に同じ。
「三十日(みそか)あまり―になりぬ」〈土佐

ここの‐か【九日】

日の数の九つ。9日間。
月の第9の日。
陰暦9月9日。重陽(ちょうよう)の節句。
「―の御節供に持て来たり」〈宇津保・楼上下〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ここぬか【九日】

ここのか 」に同じ。
ここのか 」に同じ。また特に、九月九日の重陽の節句。 〔副詞的用法の場合、アクセントは [0]

ここのか【九日】

〔「ここぬか」の転〕
日の数九つ。また、連続したその期間。
暦の月の九番目の日。 〔副詞的用法の場合、アクセントは [0]

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

九日の関連キーワード四十九餅・四十九餠九月の節句タナダユキアクセント高きに登るケラーマン田の神送り菊の節句檀那坊主残りの菊十日の菊小五月祭果ての業七日七日三十五日四十九日後日の菊四十九餅果ての事産養ひ

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

九日の関連情報