徳永昌重(読み)とくなが まさしげ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

徳永昌重 とくなが-まさしげ

1580-1642 江戸時代前期の大名。
天正(てんしょう)8年生まれ。徳永寿昌(ながまさ)の長男。慶長16年美濃(みの)(岐阜県)高須藩主徳永家2代となる。5万3700石。寛永5年大坂城二の丸石垣築造工事の完成がおくれたため,監督不行届をもって領地を没収され,出羽(でわ)鶴岡(山形県)に配流された。寛永19年6月19日死去。63歳。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

猫バンバン

寒い季節になると多発する、猫が自動車のエンジンルームやボンネットの中に潜り込んでいたのに気付かず発車してしまうという事故を防ぐための動作。自動車を始動させる前にボンネットをバンバンとたたき、猫の鳴き声...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android