徳野英辰(読み)とくの てるとき

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

徳野英辰 とくの-てるとき

1749-? 江戸時代中期-後期の装剣金工。
寛延2年生まれ。大森英昌(てるまさ)・英秀にまなぶ。江戸浅草にすむ。高彫り色絵による獅子図の縁頭(ふちがしら)がある。文化6年(1809)61歳のときの作品がのこる。大森の流名を名のり,一夢堂のほか野原英辰の銘もある。通称は源次郎,源兵衛。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android