コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

徳野英辰 とくの てるとき

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

徳野英辰 とくの-てるとき

1749-? 江戸時代中期-後期の装剣金工。
寛延2年生まれ。大森英昌(てるまさ)・英秀にまなぶ。江戸浅草にすむ。高彫り色絵による獅子図の縁頭(ふちがしら)がある。文化6年(1809)61歳のときの作品がのこる。大森の流名を名のり,一夢堂のほか野原英辰の銘もある。通称は源次郎,源兵衛。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

徳野英辰の関連キーワード大森英辰

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android