コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

徴物使 チョウモツシ

2件 の用語解説(徴物使の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ちょうもつ‐し【徴物使】

平安時代、中央の諸司・諸家に置かれ、地方からの調庸物の出納にあたった役人。地方に出向いて略奪行為を行うこともあった。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

ちょうもつし【徴物使】

平安時代、封主が封戸の調庸の徴収のために置いた職。封戸の調庸は国郡司の責任において封主に送るのが原則で、その出納にあたるのが徴物使だったと考えられるが、平安中期以降納入の遅滞が顕著になると、納入のため上京する郡司を途中で襲ったり、当国まで出向いて強奪したり、盗賊的行為をはたらくようになったという。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone