心を取る(読み)こころをとる

精選版 日本国語大辞典「心を取る」の解説

こころ【心】 を 取(と)

人の気持を察する。機嫌をとる。取り入る。
源氏(1001‐14頃)帚木大和撫子をばさしおきて、まづをだに、など親のをとる」
風姿花伝(1400‐02頃)四「八百万の神達、天香具山に集り、大神の御心をとらんとて、神楽(かぐら)を奏し」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「心を取る」の解説

こころ・る

人の気持ちにとりいる。機嫌をとる。
大和撫子やまとなでしこをばさしおきて、まづちりをだに、など親の—・る」〈・帚木〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

漁夫の利

《シギとハマグリが争っているのを利用して、漁夫が両方ともつかまえたという「戦国策」燕策の故事から》両者が争っているのにつけ込んで、第三者が利益を横取りすることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android