天香具山(読み)あまのかぐやま

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「天香具山」の解説

天香具山
あまのかぐやま

古くは「あめのかぐやま」ともいい,「天香久山」とも書く。奈良県橿原市にある小丘。畝傍 (うねび) 山耳成 (みみなし) 山とともに大和三山の一つ。山の西麓には,持統文武元明天皇藤原京跡がある。伝承のある霊山で,『万葉集』にも多く詠まれている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

地対地ミサイル

〘名〙 (surface-to-surface missile の訳語) 地上または艦上から、地上または海上の目標に対して発射されるミサイル。大陸間弾道弾(ICBM)、中距離弾道弾(MRBM)など。S...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android