コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

心入る ココロイル

デジタル大辞泉の解説

心(こころ)入(い)・る

(「入る」が四段活用の場合)深く心にとまる。心が引かれる。
「つねならぬ山の桜に―・りて池の蓮を言ひな放ちそ」〈後拾遺・雑五〉
(「入る」が下二段活用の場合)熱中する。打ち込む。心を入れる。
「遊びに―・れたる君達」〈椎本

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

こころいる【心入る】

心が引きつけられる。夢中になる。 「そのうつくしみに-・り給ひて/源氏 末摘花

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

心入るの関連キーワード下二段活用末摘花

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

心入るの関連情報