コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

心学早染草 しんがくはやそめぐさ

大辞林 第三版の解説

しんがくはやそめぐさ【心学早染草】

黄表紙。三巻。山東京伝作、北尾政美画。1790年刊。当時流行した心学を趣向にしたもの。主人公理太郎の体内に悪玉が入って性格が変わるが、道理先生の教えで目がさめ、体内の悪玉も善玉によって滅ぼされる。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

しんがくはやそめぐさ【心学早染草】

黄表紙。山東京伝作。北尾政美(まさよし)画。1790年(寛政2)刊。3冊。人間の行為はすべて内にある善魂(ぜんだましい)と悪魂(あくだましい)のなすわざであることを,商家の息子目前屋理太郎の身持ちの上にあらわすという作意。悪魂のしわざによって放蕩したことから勘当され,盗賊にまで落ちたが,善魂の勢力挽回によって教化されるという,黄表紙としては理屈くさい作品であるが,善悪の魂の争闘と,理太郎の行動とを二重の画面にあらわしたおもしろさで好評を博した。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

心学早染草の関連キーワードちっとそうもござるまい三社祭(歌舞伎舞踊)鍬形蕙斎少ない三社祭神がるどら者素見体内心学善玉趣向悪玉