コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

心理強制説 しんりきょうせいせつTheorie des psychologischen Zwangs

1件 の用語解説(心理強制説の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

心理強制説
しんりきょうせいせつ
Theorie des psychologischen Zwangs

一般予防説の一種で,A.フォイエルバハにより主張された。法律に刑罰を規定することにより,一般人の心理を強制して犯罪を抑止できるとする説。人間はより大きな快楽を追求して合理的に行動するものであるとし,犯罪を行うに際し,それを抑制することの不快より大きな苦痛が刑罰として規定されていれば,行為者は犯罪を選択しないとする。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典内の心理強制説の言及

【フォイエルバハ】より

…その後バンベルク控訴院次長,さらにアンスバハ控訴院長を務めた。彼の刑法理論の根幹をなすのは〈心理強制説〉である。すなわち,人は犯罪からえられる快楽とそれに対して科される刑罰という苦痛とを比較し,苦痛が快楽より大きいときは犯罪を行わないように心理的に強制されるであろう。…

※「心理強制説」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone