心画(読み)しんが(英語表記)xīn huà

世界大百科事典 第2版の解説

しんが【心画 xīn huà】

書写,書道をいう。揚雄(ようゆう)の《法》に,〈言は心の声なり,書は心の画なり。声・画形(あら)われて,君子・小人見(あら)わる〉とあり,ここにいう〈書〉とは文書著述をさすが,後世あやまって書写,書法の意味に使われる。誤用朱長文(1039‐98)が《続書断》において,〈揚子雲(揚雄)は書を以て心画と為す〉と述べて以後のことであろう。〈書は心画なり〉は,柳公権の〈心正しければ筆正し〉とともに,書の人格性を論ずるとき,書道界ではしきりに用いられる。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

終末時計

アメリカの科学雑誌『ブレティン・オブ・ジ・アトミックサイエンティスツ』が毎号表紙に掲げている「地球最後の日」までの時間を表示する時計。核戦争の危機を訴え,1947年に初めて登場。米ソ冷戦の終結を迎えて...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

心画の関連情報