コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

心華元棣 しんげ げんてい

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

心華元棣 しんげ-げんてい

1339-? 南北朝-室町時代の僧。
暦応(りゃくおう)2=延元4年生まれ。臨済(りんざい)宗。京都建仁寺定恵院の頑石曇生(がんせき-どんしょう)の法をつぐ。康暦(こうりゃく)2=天授6年(1380)義堂周信(ぎどう-しゅうしん)が同寺の住持となると,後堂の首座(しゅそ)にえらばれた。漢詩文にすぐれ,杜甫(とほ)の詩を注釈した「心華臆断」が知られる。美濃(みの)(岐阜県)出身。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

心華元棣の関連キーワード後醍醐天皇後醍醐天皇神皇正統記後村上天皇西芳寺神皇正統記清拙正澄天竜寺ファンデルウェイデン要法寺

今日のキーワード

号泣

[名](スル)大声をあげて泣くこと。泣き叫ぶこと。「遺体にとりすがって号泣する」[補説]文化庁が発表した平成22年度「国語に関する世論調査」では、本来の意味とされる「大声をあげて泣く」で使う人が34....

続きを読む

コトバンク for iPhone