コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

心華元棣 しんげ げんてい

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

心華元棣 しんげ-げんてい

1339-? 南北朝-室町時代の僧。
暦応(りゃくおう)2=延元4年生まれ。臨済(りんざい)宗。京都建仁寺定恵院の頑石曇生(がんせき-どんしょう)の法をつぐ。康暦(こうりゃく)2=天授6年(1380)義堂周信(ぎどう-しゅうしん)が同寺の住持となると,後堂の首座(しゅそ)にえらばれた。漢詩文にすぐれ,杜甫(とほ)の詩を注釈した「心華臆断」が知られる。美濃(みの)(岐阜県)出身。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

心華元棣の関連キーワード室町時代南北朝元棣暦応

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android