コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

忌み詞/忌(み)言葉 イミコトバ

デジタル大辞泉の解説

いみ‐ことば【忌み詞/忌(み)言葉】

宗教的な理由から、また縁起をかついで、使うのを避ける言葉。古くは斎宮で「仏」「経」などを、民間で婚礼のときに「去る」「帰る」、正月の三が日に「坊主(ぼうず)」「箒(ほうき)」などを忌んだ。
1の代わりに使う言葉。斎宮で「寺」を「瓦葺(かわらぶ)き」、「僧」を「髪長(かみなが)」、民間で「すり鉢」を「あたり鉢」、「梨(なし)」を「ありの実」という類。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

忌み詞/忌(み)言葉の関連キーワード当たり棒・当り棒当たりめ・当りめ革嚢・革囊・皮袋当たり鉦・当り鉦当たり箱・当り箱当たり木・当り木当たり鉢・当り鉢当たり身・当り身入れ物・容れ物髪をはやす有りの実六日垂れ立ち竦み翳し詞香焼き生やす当り屋稲積む沖言葉山言葉

今日のキーワード

隗より始めよ

《中国の戦国時代、郭隗(かくかい)が燕(えん)の昭王に賢者の求め方を問われて、賢者を招きたければ、まず凡庸な私を重く用いよ、そうすれば自分よりすぐれた人物が自然に集まってくる、と答えたという「戦国策」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android