コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

忍び駒 シノビゴマ

3件 の用語解説(忍び駒の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

しのび‐ごま【忍び駒】

三味線の駒の一種。脚の部分が長く、その両端を胴のふちにかけて用いる。弦の振動が胴皮に伝わらないので弱音になる。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉プラスの解説

忍び駒

岩手県花巻市の円万寺観音に伝わる郷土玩具。稲藁でつくる馬の人形で、もとは縁結び五穀豊穣などの祈願のために用いられた縁起物

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

しのびごま【忍び駒】

三味線の音を小さくするための特別の駒。また、その駒を入れて三味線を弾くこと。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の忍び駒の言及

【駒】より

…駒の高さは1~2cmである。また忍び駒は練習用として遠方に音が聞こえないように,両端がとくに長く作られた竹製の駒である。琵琶では三味線の根緒(糸を結んであるところ)と駒の機能に相当する部分を履手(ふくじゆ)と称する。…

【弱音器】より

…楽器の音量を弱め音色を変えるための器具または装置。ミュートmute,ソルディーノsordino(イタリア語)ともいう。楽器に対して,随時簡単に着脱できるものが多い。弦楽器ではバイオリン族の弱音器が代表的で,櫛形の小片を駒にはさむ。弦から駒を経て胴に伝わる振動が抑制されて,こもった柔らかな音質に変わる。金管楽器にも徳利状,椀状などの弱音器があり,朝顔状開口に差し込んで用いる。曇った音になるもの,鋭い音になるものなど,種類により効果は一様でない。…

【三味線】より

…象牙,水牛,べっこう,桑,黄楊,紅木,竹などで作るが,一般には象牙製のものが多く,義太夫や地歌では一部に鉛を入れて重くしたものを使う。また稽古用に音を響かせない〈忍び駒〉もある。駒は調子や曲によって使い分けることが多く,義太夫では演奏の途中で取り替えることもある。…

※「忍び駒」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

忍び駒の関連キーワード紙駒駒入れ三味線糸三味線駒立三味線ぺんぺん脇三味線三味線胴連三味線

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

忍び駒の関連情報