コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

忍び駒 シノビゴマ

デジタル大辞泉の解説

しのび‐ごま【忍び駒】

三味線の一種。脚の部分が長く、その両端を胴のふちにかけて用いる。振動が胴皮に伝わらないので弱音になる。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

しのびごま【忍び駒】

三味線の音を小さくするための特別の駒。また、その駒を入れて三味線を弾くこと。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の忍び駒の言及

【駒】より

…駒の高さは1~2cmである。また忍び駒は練習用として遠方に音が聞こえないように,両端がとくに長く作られた竹製の駒である。琵琶では三味線の根緒(糸を結んであるところ)と駒の機能に相当する部分を履手(ふくじゆ)と称する。…

【弱音器】より

…楽器の音量を弱め音色を変えるための器具または装置。ミュートmute,ソルディーノsordino(イタリア語)ともいう。楽器に対して,随時簡単に着脱できるものが多い。弦楽器ではバイオリン族の弱音器が代表的で,櫛形の小片を駒にはさむ。弦から駒を経て胴に伝わる振動が抑制されて,こもった柔らかな音質に変わる。金管楽器にも徳利状,椀状などの弱音器があり,朝顔状開口に差し込んで用いる。曇った音になるもの,鋭い音になるものなど,種類により効果は一様でない。…

【三味線】より

…象牙,水牛,べっこう,桑,黄楊,紅木,竹などで作るが,一般には象牙製のものが多く,義太夫や地歌では一部に鉛を入れて重くしたものを使う。また稽古用に音を響かせない〈忍び駒〉もある。駒は調子や曲によって使い分けることが多く,義太夫では演奏の途中で取り替えることもある。…

※「忍び駒」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

忍び駒の関連キーワード日本のおもな郷土玩具岩手県花巻市思ひの色三味線

今日のキーワード

吝か

[形動][文][ナリ]1 (「…にやぶさかでない」の形で)…する努力を惜しまない。喜んで…する。「協力するに吝かではない」2 思い切りの悪いさま。「民衆も天才を認めることに―であるとは信じ難い」〈芥川...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android