忍石(読み)しのぶいし

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 黒褐色の酸化マンガン鉱。岩石の割れ目にシダ植物のシノブのような形に樹枝状に沈殿するのでこの名があり、よく化石と間違えられる。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

朝三暮四

《中国、宋の狙公(そこう)が、飼っている猿にトチの実を与えるのに、朝に三つ、暮れに四つやると言うと猿が少ないと怒ったため、朝に四つ、暮れに三つやると言うと、たいそう喜んだという「荘子」斉物論などに見え...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android