コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

志倉西馬 しくら さいば

美術人名辞典の解説

志倉西馬

俳人。本姓富処、字は俊明、通称豊三郎・豊次郎、号は西馬・惶庵・毛軒・蕉林子・樗道・自喚居士等。上野高崎生、江戸住。可布庵逸淵に俳諧を、橘守部に国歌を学ぶ。著書に『標註七部集』『一翁四哲集』等がある。安政5(1858)歿、51才。

出典 (株)思文閣美術人名辞典について 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

志倉西馬 しくら-さいば

1808-1858 江戸時代後期の俳人。
文化5年生まれ。上野(こうずけ)(群馬県)の人。高崎の児玉逸淵(いつえん)にまなぶ。のち江戸にでて惺庵(せいあん)をひらき,宗匠として活躍。「俳諧(はいかい)七部集」の定本づくりにつとめ,没後,弟子の三森(みもり)幹雄らにより「標注七部集」として刊行された。句集に「西馬発句集」など。安政5年8月15日死去。51歳。本姓は富処。名は弘門。字(あざな)は俊明。別号に樗道,毛軒,惺庵など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

志倉西馬の関連キーワード俳句(文学)天野桑古萩原竹良加部琴堂三森幹雄葛山五雀角田文河石坂白亥中沢笳言志倉為流椿月杵俳人

今日のキーワード

隗より始めよ

《中国の戦国時代、郭隗(かくかい)が燕(えん)の昭王に賢者の求め方を問われて、賢者を招きたければ、まず凡庸な私を重く用いよ、そうすれば自分よりすぐれた人物が自然に集まってくる、と答えたという「戦国策」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android