志倉西馬(読み)しくら さいば

美術人名辞典の解説

志倉西馬

俳人。本姓富処、字は俊明、通称豊三郎・豊次郎、号は西馬・惶庵・毛軒・蕉林子・樗道・自喚居士等。上野高崎生、江戸住。可布庵逸淵に俳諧を、橘守部に国歌を学ぶ。著書に『標註七部集』『一翁四哲集』等がある。安政5(1858)歿、51才。

出典 (株)思文閣美術人名辞典について 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

志倉西馬 しくら-さいば

1808-1858 江戸時代後期の俳人。
文化5年生まれ。上野(こうずけ)(群馬県)の人。高崎の児玉逸淵(いつえん)にまなぶ。のち江戸にでて惺庵(せいあん)をひらき,宗匠として活躍。「俳諧(はいかい)七部集」の定本づくりにつとめ,没後,弟子の三森(みもり)幹雄らにより「標注七部集」として刊行された。句集に「西馬発句集」など。安政5年8月15日死去。51歳。本姓は富処。名は弘門。字(あざな)は俊明。別号に樗道,毛軒,惺庵など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

余震

初めの大きい地震に引き続いて,その震源周辺に起こる規模の小さい地震の総称。大きい地震ほど余震の回数が多く,余震の起こる地域も広い。余震域の長径の長さは,地震断層の長さにほぼ対応している。マグニチュード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android