コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

児玉逸淵 こだま いつえん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

児玉逸淵 こだま-いつえん

1790-1861 江戸時代後期の俳人。
寛政2年生まれ。武蔵(むさし)八幡山(埼玉県)の人。川村碩布(せきふ)にまなぶ。上野(こうずけ)(群馬県)高崎宗匠となり,天保(てんぽう)10年ごろ江戸にうつる。晩年は武蔵本庄(埼玉県)に隠退した。文久元年7月20日死去。72歳。本姓久米。通称は清一郎。別号に可布庵。編著に「としなみ集」「鳳朗七回忌集」など。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

児玉逸淵の関連キーワード三浦浪兮女奥山李卿河田寄三浅見野井遠山弘湖伊藤有終志倉西馬角田文河関根逸芙遠藤故厓俳人逸淵

今日のキーワード

主婦休みの日

1、5、9月の25日。年3回。株式会社サンケイリビング新聞社が制定。主婦にはリフレッシュ、ほかの家族には家事を提唱する。年末年始、ゴールデンウィーク、夏休みといった忙しい期間の後に設定されている。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android