コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

志垣寛 しがき ひろし

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

志垣寛 しがき-ひろし

1889-1965 明治-昭和時代の編集者,教育評論家。
明治22年5月31日生まれ。奈良女高師の訓導ののち,同文館にはいり,雑誌「小学校」の編集主任。大正13年下中弥三郎,野口援太郎らと池袋児童の村小学校をつくり,「教育の世紀」を発行。平凡社勤務をへて,評論活動に専念した。昭和40年12月21日死去。76歳。熊本県出身。熊本師範卒。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

世界大百科事典内の志垣寛の言及

【教育の世紀】より

…1923年10月~28年11月,教育の世紀社によって発行された自由主義的な月刊教育雑誌。教育の世紀社は,23年の初めに野口援太郎下中弥三郎,為藤五郎,志垣寛の4人が,〈教育の実質,内容,方法上における革新運動〉を目ざして結成した教育団体である。その事業としては《教育の世紀》の発行のほか,理想の学校〈児童の村〉の建設と経営を目ざした。…

【郷土教育】より

…このような郷土教育は,郷土すなわち身近な生活の場に教材を発見し,それを授業に利用するという教育方法に重点がおかれたものであった。ところが1920年代から30年代のドイツにおける郷土科Heimatkunde設置の影響をうけて,日本においても,北沢種一らの労作・体験・直観などの原理から郷土を重視する主張と,地理学者小田内通敏や志垣寛らによる〈土地と勤労と民族の三つの複合体〉としての郷土の科学的把握と調査に基づいた学習を主張する郷土教育連盟の運動があった。この背景には,世界恐慌などの影響による農村窮乏化の救済という問題意識がある。…

※「志垣寛」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

志垣寛の関連キーワード小砂丘 忠義綴方生活昭和時代編集者明治

今日のキーワード

きらきらネーム

俗に、一般的・伝統的でない漢字の読み方や、人名には合わない単語を用いた、一風変わった名前のこと。名字についてはいわない。どきゅんネーム。[補説]名前に使用する漢字は、戸籍法により常用漢字・人名用漢字の...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android