主事(読み)しゅじ

精選版 日本国語大辞典の解説

しゅ‐じ【主事】

〘名〙
① 主としてそのことをつかさどること。また、その人。〔孟子‐万章〕
② 仏語。禅家で、都寺(つうす)、監寺(かんす)、維那(いな)、副寺(ふうす)、典座(てんぞ)、直歳(しっすい)の総称。知事ともいう。執事(しゅじ)
※延慶本平家(1309‐10)三「頬ら魂ひ事から主事にあはは小庭より殿上まて切上りつへき気色なりけれは」
③ 官公庁、学校などで、長の命をうけて、一定の業務を主管する職。また、その人。また、一般に下級の役職名として用いる。
※煤煙(1909)〈森田草平〉二五「女学部の主事は神戸の顔を見ると」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

国民投票法

正式名称は「日本国憲法の改正手続に関する法律」。平成19年法律第51号。2007年(平成19)5月18日に制定され、施行は3年後の2010年5月18日である。この法律は、日本国憲法第96条に定める日本...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android