志田重男(読み)しだ しげお

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

志田重男 しだ-しげお

1911-1971 昭和時代の社会運動家。
明治44年11月21日生まれ。小学校を卒業後,旋盤工となり労働運動にはいる。昭和6年共産党に入党し,8年検挙,投獄される。戦後,党中央委員,政治局員。25年徳田球一らと地下に潜行し,軍事委員長として火炎びん闘争などを指導。30年の6全協後,党から除名された。変名で生活中,昭和46年7月3日死去。59歳。兵庫県出身。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

バンクシー

英ロンドンを中心に活動する覆面アーティスト。世界各地の街に現れて建物の壁などに社会風刺的なグラフィティアートを描くなど、ゲリラ的なアート活動を行っている。2005年に自身の作品を世界各国の有名美術館に...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android