コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

志賀暁子 しが あきこ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

志賀暁子 しが-あきこ

1910-1990 昭和時代の映画女優。
明治43年6月17日生まれ。ダンサーをへて,昭和5年帝国キネマにはいり,城りえ子の芸名でデビュー。8年新興キネマにうつって改名し,「霧笛」「山の呼び声」でスターの座につく。10年堕胎事件で起訴され,有罪となる。のち映画,新劇再起をはかった。平成2年9月17日死去。80歳。京都出身。長崎の活水高女卒。本名は竹久悦子。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

志賀暁子の関連キーワード志賀 暁子昭和時代

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android