志賀親守(読み)しが ちかもり

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

志賀親守 しが-ちかもり

?-? 戦国-織豊時代の武将。
志賀親度(ちかのり)の父。豊後(ぶんご)(大分県)岡城主。大友宗麟(そうりん),義統(よしむね)の加判衆をつとめる。天正(てんしょう)14年(1586)島津氏の侵入に際し,宗麟とともに臼杵(うすき)丹生島(にうじま)に籠城(ろうじょう),死守した。通称は安房守。法名は道輝。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

医療過誤

診療過誤ともいい,医療行為一般の誤りをさす。医学知識の不足,医療技術の未熟,診療行為の全体としての疎漏さ,不適切な薬剤や医療器具の使用などが原因となる。具体的には誤診,診断の遅延,手術過誤,注射事故,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android