志賀親度(読み)しが ちかのり

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

志賀親度 しが-ちかのり

?-1587 戦国-織豊時代の武将。
志賀親守(ちかもり)の子。豊後(ぶんご)(大分県)岡城主。大友宗麟(そうりん)の加判衆をつとめる。天正(てんしょう)6年からの日向(ひゅうが)攻めにくわわり,8-9年日向に在陣して島津氏の北上を阻止。14年島津義久(よしひさ)に内通し,大友義統(よしむね)の追及をうけ15年自害。名は親教,親孝とも。通称は民部大輔。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

寒暖差アレルギー

寒暖の差により鼻の奥の毛細血管が詰まり、鼻の粘膜が腫れることで起きる鼻炎。医学的には血管運動性鼻炎の一種とされる。多くの場合秋から冬にかけて1日の寒暖差が大きい時期や冷房による急な温度変化などにより起...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android